OPHTHALMOLOGY SPECIALIZED FIELDSOPHTHALMOLOGY SPECIALIZED FIELDS

OPHTHALMOLOGY SPECIALIZED
FIELDS
専門分野
視機能・色覚

色覚異常(先天色覚異常および後天色覚異常)に関する検査・診療および臨床研究を行っています。検査では確定診断が可能なアノマロスコープ検査まで可能です。診療では色覚に関する専門知識を持った医師による検査結果の説明や、日常生活および職業上での注意点を解説・指導しています。また、必要に応じて学校や就職先への診断書作成も行っています。

医師 / 顧問

DOCTORS

  • 市川 一夫
    医師
    市川 一夫
  • 中村 英樹
    医師
    中村 英樹
  • 佐藤 裕之
    医師
    佐藤 裕之
  • 横山 翔
    医師
    横山 翔
  • 三田村 麻里
    医師
    三田村 麻里
  • PREV
  • NEXT

診療内容

CLINICAL SERVICES

色覚異常

先天色覚異常
先天色覚異常は遺伝によって引き起こされます。視細胞であるL、M、S錐体細胞のいずれかまたは複数の機能が通常と異なることによって色の見え方が変わってきます。しかしながら、先天色覚異常はL錐体またはM錐体に関するものがほとんどなので、以下はその説明になります。L、M錐体の異常をそれぞれ1型、2型と呼び、さらに程度として1つの錐体の機能がない場合を2色覚、通常と機能が弱い場合を異常3色覚と呼び、具体的には表1のようになっています。また、先天色覚異常は視力や視野といった色覚以外の視機能は正常です。

表1 先天色覚異常の分類

L錐体 M錐体
機能がない 1型2色覚(旧:第1色盲) 2型2色覚(旧:第2色盲)
機能が通常と異なる 1型3色覚(旧:第1色弱) 2型3色覚(旧:第2色弱)
学校での色覚検診
差別やいじめにつながるという理由から、2002年に学校保健法が改正され、小学校での色覚検査が必須でなくなりました。それにより色覚検査はほとんど行われなくなりました。先天色覚異常者は、自身の色覚がどのような状態であるかを知る機会が無くなり、職業選択の際、もしくは就職してから不利益を被る事例が多くなりました。そのような経緯から2014年に学校保健法の改正が再び行われ、任意ではありますが、学校における色覚検査が適正に行われるよう周知がなされました。
後天色覚異常
色覚異常は水晶体や網膜、視神経や脳の異常、さらには加齢によっても現れることがあり、遺伝による色覚異常以外は全て後天性色覚異常に分類されます。白内障や緑内障をはじめとした様々な疾患で生じ、視力や視野にも異常が認められることが多いです。S錐体に異常が生じることが多いため、先天色覚異常とは質が異なります。しかしながら、L、M錐体の異常に似た色覚異常も生じるなど様々なタイプがあり、症状の程度も疾患の進行及び治癒状況により変動します。

検査

先天色覚異常
先天色覚異常の検査の種類は大きく分けて仮性同色表、色相配列検査、アノマロスコープの3種類になります。
それぞれいくつかの検査機器がありますが、国内での標準的検査機器としては、仮性同色表は石原色覚検査表II 国際版38表、標準色覚検査表 第1部(Standard Pseudoisochromatic Plates part 1: SPP1)、色相配列検査はPanel D-15、アノマロスコープはナイツ アノマロスコープ OT-IIがあります。アノマロスコープは確定診断に用いられますが、検査員の技術が必要であり、また被検者が年少者などでは診断が難しい場合があります。当グループでは中京眼科を中心に中京病院、岐阜赤十字病院にて色覚の専門知識を持った医師及び検査員による色覚外来を行っており、アノマロスコープを使用して確定診断まで行うことが可能です。
後天色覚異常
後天色覚異常に対する標準的な検査はありませんが、仮性同色表である標準色覚検査表 第2部及び第3部(Standard Pseudoisochromatic Plates part 2 and part 3: SPP2, SPP3)や、色相配列検査の100 hue test(中京眼科のみ)にて検査をしています。

最新情報・
研究トピックス

TOPICS

学会

「色覚異常の診断と指導、加齢による色覚異常も含む」
( 第74回日本臨床眼科学会インストラクションコース) 市川一夫

2020年の第74回日本臨床眼科学会は新型コロナウイルス感染症の影響によりWeb開催となり、本インストラクションコースは事前に各演者の講演を個別で録画し公開する形で構成しました。
先天色覚異常の検査はあらためて推奨され始めましたが、検査体制がなかなか整わないことと事後の指導が行われにくいのが現状です。
その一方で加齢による色覚異常については社会的に存在自体が知られておらず、それに伴い問題点も知られていない状態です。
本コースでは、色覚の基礎、先天および後天色覚異常のこと、遺伝に関すること、色覚異常の場合の生活指導や進路についての講演を色覚分野における著名な先生方にご講演頂きました。

論文

「Change in Color Vision with Aging in Normal Eyes Evaluated using Standard Pseudoisochromatic Plates Part-3」
(Current Eye Research, Kazuo Ichikawa)

網膜視神経疾患ほか様々な眼疾患において、後天色覚異常は疾患の早期の段階から症状を来たすことがあり、後天色覚異常を検出することは疾患の早期発見・早期治療に有用と考えられています。
SPP3は赤緑異常と青黄異常の両方をスクリーニング的に検査することが可能な仮性同色表であり、当グループでは長期にわたり多数例の正常眼のデータを集めてきました。本論文では、この多数例のデータから各表における年代ごとの誤答数を解析し、色覚の加齢変化に関する検討を行いました。対象は各種検査で正常と認めた23,565眼(5~89歳の1人1眼)で、年齢と合計正答数の相関関係及び単回帰分析を行い、年代ごとの正答数の多重比較検定、各表のデジタル数字における年代ごとの正答率の算出を行いました。結果として年齢とSPP3の合計正答数には負の相関が認められ、最も正答数が高い年代は10~20代前半でした。Kruskal-Wallis testにおいて各年齢群での正答数に有意差を認め(p<0.0001)、Dunn’s post hoc testにより10~14歳、15~19歳、20~24歳の群はいずれも5~9歳と30歳以上の全ての群と有意差を認めました(p<0.0001)。

SPP3は比較的若い年代でも迅速かつ容易に検査を行うことが可能な仮性同色表の一つです。加齢による色覚の低下は縮瞳や水晶体の黄色化、黄斑色素量の低下に加え、網膜以降の視角伝達路の機能低下といった様々な要因が考えられ、本検査によりどの部位の変化がとらえられるかは特定できませんが、本論文にて30代という若い世代からの色覚の低下を統計学的に明らかにできた結果は膨大な対象数から考えても信頼に値するものと考えます。
また、SPP3に関しては先行研究が少ないため、他の仮性同色表とのさらなる比較検討が必要となりますが、サンプル数の多さから、今後はSPP3の年代別の正常範囲を考慮する上で、有用な研究結果となります。

論文

今後の取り組み

FUTURE PLAN

2020年は新型コロナウイルス感染症の影響により、外来の患者数も減少し、学会活動も抑制されていたため、データの収集もままならない状況にありました。
そのような状況下でも、長年にわたり蓄積されたSPP3における多数症例のデータに関する論文がCurrent Eye Researchに掲載されたことにより、素晴らしいデータを残すことができました。
2021年も、埋もれているデータの論文化を進めていきたいと思います。
また、現在も進行中である色視力・色視野に関する研究も、引き続きデータを収集しています。関連のご施設の方々にはご迷惑をおかけしておりますが、ご理解とご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

診療施設及び
曜日の紹介

CLINIC SCHEDULE

専門外来日

午前 午後
- 岐阜赤十字病院 眼科
三田村麻里(月1)
- JCHO中京病院 眼科
横山翔(不定期)
- -
中京眼科
市川一夫(毎週)
-
- -
中京眼科
三田村麻里(月1)
-