AFFILIATED OPHTHALMOLOGISTAFFILIATED OPHTHALMOLOGIST

OVERSEAS ACTIVITIES 海外活動

中京グループでは、海外での医療支援を積極的に行っています。
中国の大連医科大学白内障研究センターを始め、モンゴル・ウランバートルのボロールメルミ眼科病院や、ミャンマーのマンダレー医科大学にも定期的に足を運んで診療、手術を行っています。

医師だけでなく看護師、視能訓練士も海外の学会や施設見学に同行し、各々が情報収集することで、三者の立場から医療支援の内容をより良いものに、より継続性の高いものにすることを目指しています。

中国での取り組み

中国との契機と現地での取り組み

中国ではこれまで約5000眼の白内障手術を行っています。
日本ではあまり経験することのない核硬度や虹彩癒着、過熟白内障なども経験し、多い日には最大63例もの白内障手術を行い、手術のみならず様々な研究の成果も得ています。
中国ではFDAやCEマーク取得機器および材料は、国の承認がなくても大連医科大学の承認があれば臨床で使用可能なため、患者さんの同意を得て、日本承認前の多焦点眼内レンズ挿入や、白内障手術後のICH(遠視用レンズ)挿入、虹彩裏面嚢腫を持つ症例のICL挿入を行い経過観察を行うなど、積極的な活動を継続しています。
2020年は新型コロナウイルス感染症の影響で、中国へ渡航することが叶いませんでしたが、コロナ禍の中、大連よりマスク2000枚と布製の手術着40枚を提供していただくなど、中京グループとの協力体制は現在も変わらず続いています。

中国との契機と現地での取り組み
大連医科大学
中国との契機と現地での取り組み
中国との契機と現地での取り組み
大連医科大学

モンゴルでの取り組み

モンゴルとは、モンゴル医科大学教授(当時)のバッサンクー先生を通し、医療活動を開始しました。我々はまず、バッサンクー先生に来日してもらい、日本の医療システムを見学し理解していただき、さらに我々も現地へ行き検査環境や手術環境を確認し、何度と行き来しながら検査体制の不備などを改善していきました。その結果、従来までは韓国やタイなど周辺国に行かなければ受けられなかったICL等の手術が、モンゴル国内で受けられるようになりました。さらに、モンゴル人医師の留学生も、これまで5名の受け入れが実現しました。
また、アジアで日本に次いでモンゴルで使用できるように、最新の検査機器を寄贈しています。
IOLマスター700が世界発売された際には、ドイツ、日本に次いで世界で3番目にモンゴルに導入されたことが業界内で話題になりました。

モンゴルとの契機と現地での取り組み
小島医師(中京グループ)による
モンゴルでの手術
モンゴルとの契機と現地での取り組み
小島医師(中京グループ)による
モンゴルでの手術

ミャンマーでの取り組み

ミャンマーとの契機と現地での取り組み
市川一夫医師(中京グループ)による
ミャンマーでの診察
ミャンマーでの活動は、名古屋にある脳外科系のNPO法人からミャンマーでの医療支援を打診されたことがきっかけとなりました。
ミャンマーで活動を始めた頃、中京グループの中国・モンゴルでの活動が認められ、日本の厚生労働省から補助金が交付されることとなり、そのため現地での活動拠点となったマンダレー医科大学に、日本製の顕微鏡と白内障手術機器、検査機器、眼内レンズを寄贈しました。 また、それまでトマトやジャガイモの皮を利用し手術トレーニングを行っていた若手医師のため、手術練習用モデル眼キット「机太郎」を寄贈しトレーニング環境を整えました。
ミャンマーでは医療支援の他に、旧首都ヤンゴンにおいて「第一回日本ミャンマー国際医療連携コングレス」を開催し、日本製品の展示も行いました。
ミャンマーとの契機と現地での取り組み
市川一夫医師(中京グループ)による
ミャンマーでの診察