OPHTHALMOLOGY SPECIALIZED FIELDSOPHTHALMOLOGY SPECIALIZED FIELDS

OPHTHALMOLOGY SPECIALIZED
FIELDS
専門分野
緑内障

当緑内障班は、MIGSの先駆けとも言えるTrabectomeを推進されていた渡邉先生をトップとして、計5名にて緑内障診療に取り組んでおります。また基幹となる中京病院・中京眼科以外にも、岐阜赤十字病院・飯田市立病院にも人員を配置しており、グループ内の主要施設で質の高い緑内障診療が提供体制の構築をしております。

医師 / 顧問

DOCTORS

  • 渡邉 三訓
    医師
    渡邉 三訓
  • 松田 泰輔
    医師
    松田 泰輔
  • 浅野 亮
    医師
    浅野 亮
  • 高木 勇貴
    医師
    高木 勇貴
  • 志賀 優
    医師
    志賀 優
  • 城山 彰太
    医師
    城山 彰太
  • PREV
  • NEXT

トラベクトーム
トレーナー

TRABECTOME® TRAINER

  • 市川 一夫
  • 渡邉 三訓
  • 小島 隆司
  • 佐藤 裕之
  • 浅野 亮

トラベクトーム
認定医師

TRABECTOME® CERTIFIED DOCTOR

  • 加賀 達志
  • 吉田 則彦
  • 星野 彰宏
  • 松田 泰輔
  • 森 俊男
  • 市川 慶

2020年
手術実績

OPERATION VOLUME

JCHO中京病院 眼科
緑内障治療用インプラント挿入術(プレートなし)
アルコン®エクスプレス®
94件
緑内障治療用インプラント挿入術(プレートあり)
Ahmed® Glaucoma Valve, BAERVELDT® Glaucoma Implants
19件
濾過手術 Trabeculectomy 28件
開放隅角緑内障に対する流出路再建術
Trabectome®/μフック
83件
急性閉塞隅角症や閉塞隅角緑内障に対する
隅角癒着解離術
83件
水晶体再建術併用眼内ドレーン挿入術
iStent(inject)
7件
その他 39件
合計 353件
岐阜赤十字病院 眼科 49件
飯田市立病院 眼科 25件
大雄会第一病院 眼科 13件
中京眼科 21件
グループ関連施設 17件
合計 125件

【JCHO中京病院 眼科 手術件数推移】

術 式 2017 2018 2019 2020
ExPRESS 70 115 136 138
Ahmed 1 6 20 27
Trabeculectomy 39 33 29 24
Trabectome/μフック 85 100 137 94
隅角癒着解離術 70 113 168 108
その他 9 14 17 23
合計 274 381 507 414

診療内容

CLINICAL SERVICES

診療内容

元来の緑内障の治療は、点眼加療を行い、保存的加療が困難な場合に、手術加療を実施していました。しかし、MIGSの登場やPrimary SLTなど、緑内障治療やその考え方・手術適応は劇的に変化しています。

当グループでは、MIGSの先駆けとも言えるTrabectomeを、いち早く導入実施しており、低侵襲な緑内障手術に取り組んでいます。またTrabectome以外にも、iStent(inject)などの最新のMIGSも導入し、実施しています。さらに、昨今、評価が見直されている選択的レーザー線維柱体形成術(SLT)も、早期またはPrimaryでの実施を推進しています。

緑内障進行例に対しては、濾過手術(トラベクレクトミー、EXPRESS)を実施しており、その症例の残存視機能などを考慮し、トラベクレクトミーとEXPRESSを使い分けています。ロングチューブシャント(アーメドバルブ)も実施しており、血管新生緑内障やブドウ膜炎による続発緑内障など、既存の濾過手術の予後不良症例にも対応可能です。

上記の手術が不成功であった症例や入院困難な症例などには、マイクロパルス毛様体光凝固(MP-CPC)も実施しております。
これらの治療の成績などの収集を通じて、臨床研究・学会発表も積極的に行っております。

当グループでは、極早期の緑内障から末期の症例、各症例の様々な患者背景などに対応出来る、最善最新の緑内障治療を提供できる診療体制の構築を目指しています。

治療可能施設

選択的レーザー線維柱体形成術(SLT)
中京眼科・JCHO中京病院 眼科
マイクロパルス毛様体光凝固(MP-CPC)
中京眼科・JCHO中京病院 眼科
iStent
中京眼科・JCHO中京病院 眼科・飯田市立病院 眼科
線維柱体切開術(TRABECTOME / μフック)
中京眼科・JCHO中京病院 眼科・岐阜赤十字病院 眼科・飯田市立病院 眼科
濾過手術(トラベクレクトミー / EXPRESS)
JCHO中京病院 眼科・岐阜赤十字病院 眼科・飯田市立病院 眼科
ロングチューブシャント(アーメドバルブ)
JCHO中京病院 眼科・飯田市立病院 眼科

最新情報・
研究トピックス

TOPICS

マイクロパルス毛様体光凝固の導入

2019年よりJCHO中京病院眼科で試験運用していたマイクロパルス毛様体光凝固(CYCLO G6™)について、2020年5月より中京眼科に導入・運用しています。導入して半年余りが経過しますが、難治症例を中心に50症例程の患者さんが治療を受けられ、良好な眼圧下降効果を認めています。入院での実施が好ましい症例は、引き続きJCHO中京病院眼科にて実施しています。

Primary SLTの推進

2019年にPrimary SLTが点眼治療に対して非劣勢とした報告がLancetに掲載され、本邦でもSLTが見直されつつあり、当緑内障班でもPrimary SLTの推進を行っています。現在は中京眼科において、志賀医師を中心に治療を実施しています。

緑内障班の医師の異動/診察体制の変更

高木医師が飯田市立病院 眼科からJCHO中京病院 眼科に異動になりました。それに伴い、JCHO中京病院 眼科の城山医師が飯田市立病院 眼科に異動になりました。JCHO中京病院眼科における浅野医師の診察日が月曜日から木曜日に変更になり、浅野医師が診察を行っていた月曜日は高木医師の診察になりました。

中京眼科の緑内障外来強化

渡邉医師の診察日が、従前は月曜日ならびに水曜日の午後のみでしたが、木曜日午後(隔週)が新設されました。また、水曜日終日および木曜日午後は、高木医師も診察を行っています。

海外学会での発表

海外学会での発表

JCHO中京病院 眼科の松田医師が2月にロンドンで開催されたInternational Congress on Glaucoma Surgery 2020において、難治緑内障に対する内視鏡併用アーメドバルブ挿入の成績について発表しました。
(Combined 25-gauge endoscope-assisted pars plana Ahmed Glaucoma Valve placement and vitrectomy for advanced glaucoma with anterior segment abnormalities.)
以下に、松田医師からの報告をご紹介します。
「アーメドは硝子体腔に挿入した場合、チューブ先端の確認がしばしば困難でチューブ閉塞の原因となりますが、当院ではチューブ挿入に内視鏡を併用しているため、合併症も少なく良好な成績が得られています。また25G、27Gなどの日本製スモールゲージ内視鏡は欧米ではまだ未認可のため、日本の最新技術を世界へアピールすることができます。細い内視鏡は緑内障眼において結膜の温存が可能となるため、非常に有利です。本学会では約150の一般演題の中で6演題のみのSelected Presentationsに選ばれ、チューブシャント手術の権威であるMark B Sherwood教授(Univ. of Florida)からも高い評価をいただきました。
まだ術式に改良の余地があると思われますので、さらなる進化を目指したいと思います。」

今後の取り組み

FUTURE PLAN

緑内障班では、難治性緑内障に対するロングチューブシャント手術やマイクロパルス毛様体光凝固には既に取り組んでいましたが、先述の緑内障発症早期のPrimary SLTを推進することで、緑内障極早期から末期まで幅広い病期に対応できる体制を目指してまいります。

診療施設及び
曜日の紹介

CLINIC SCHEDULE

専門外来日

JCHO中京病院 眼科 中京眼科
(高木) 渡邉
- -
- 渡邉・(高木)
浅野 渡邉(月2回)・(高木)
渡邉(月1回休診) -

※(高木)の診察枠は、緑内障病診枠は設けていませんが緑内障症例の対応は可能です。